松江がリーグ3連覇 市少年ソフト 豊地との全勝対決 制す

2021年6月29日(火) 20:05

210629少年ソフトリーグ1位松江

優勝した松江の皆さん

この写真を購入する →

写真No.2021629-12166-1

210629少年ソフトリーグ松江プレー

豊地戦、完封した松江・諸戸投手

210629少年ソフトリーグ2位豊地

準優勝の豊地の皆さん=いずれも山下町の市総合運動公園で

この写真を購入する →

写真No.2021629-12166-3

LINEで送る

 令和3年度松阪市少年ソフトボールリーグ戦(夕刊三重新聞社など後援)の最終節が27日、山下町の市総合運動公園であり、松江エンジェルズ(奥田雅基監督)が豊地ソフトボールスポーツ少年団(秋田一哉監督)との全勝対決を1―0で制し、コロナ禍で試合のなかった昨年を挟み、3大会連続優勝した。

 2年ぶりの開催。4月から9チームが総当たり戦を行った。
 この日の第1試合では、ここまで負けなしの松江と豊地が対戦。松江が投手戦を制した。
 松江は先発右腕・諸戸万太郎投手(第三小・6年)が4奪三振で6回を完封した。
 打っては0─0の4回裏…………(続きは本紙で