松商、津田に逆転負け 準決勝 高校野球2021春季東海 県大会

2021年4月30日(金) 20:15

210430高校野球春季・松商-津田

後半まで好投した松阪商・喜田投手=四日市市の霞ケ浦第一野球場で

LINEで送る

 雨天により順延になっていた第68回春季東海地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催)の準決勝が30日午前10時から、四日市市の霞ケ浦第一野球場であり、松阪商業(北村祐斗監督)は津田学園に3―7で敗れ、東海大会(5月20日~、県内)出場はならなかった。決勝、3位決定戦は5月6日、同球場で無観客で行われる。松阪商は、津商―海星の敗者と対戦する。
 2回に2点を失った松阪商は3回裏、1死満塁の好機をつくり、3番・若林勇磨選手(3年)の内野ゴロの間に1点を返した。
 1―2の4回、先頭の5番・高山公平選手(同)が右中間へ本塁打を放ち…………(続きは本紙で