松阪から2選手参加 日本ろう野球協会 県内で日本代表候補強化合宿

2021年3月16日(火) 20:52

210316ろう野球松山投手

キャッチボールをする松山投手

この写真を購入する →

写真No.2021316-11380-1

210316ろう野球大西選手

バッティング練習に励む大西選手=いずれも志摩市のともやま公園屋内運動場で

この写真を購入する →

写真No.2021316-11380-2

LINEで送る

 日本ろう野球協会の日本代表候補強化合宿が13、14の両日、志摩市のともやま公園屋内運動場などであり、松阪地区から県立松阪商業高校3年・松山心投手と、松阪市職員の大西唯斗選手(25)が参加。代表選出に向け、仲間たちと紅白戦などに励んだ。

 ろう野球は日本や韓国、米国、キューバなどで、聴覚障害者のオリンピックとされる「デフリンピック」の競技種目登録を目指している。
 同協会は昨年1月に発足。同年8月に韓国で行われる予定だった世界大会を目指し、代表選考…………(続きは本紙で