松阪1、2回戦を快勝 県高校ラグビー新人15人制の部 勝利で大会締める

2021年2月16日(火) 20:13

210215高校ラグビー新人大会・松阪

力で負けずに相手を振り切る松阪の選手たち

この写真を購入する →

写真No.2021216-11169-1

210215高校ラグビー【囲み】松阪の粟生選手

先制のトライを決める粟生選手=いずれも鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿で

この写真を購入する →

写真No.2021216-11169-2

LINEで送る

 令和2年度第73回県高校ラグビーフットボール新人大会15人制の部(県ラグビーフットボール協会主催)の1回戦と準々決勝(2回戦)が14日までに、鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜(もり)鈴鹿であり、松阪(福森翼監督)が1回戦で四日市農芸に33―19、2回戦は津西、四日市の合同チームに71―10で勝利した。大会は、新型コロナウイルス感染症の影響で、20日の2回戦のもう1試合と、昨年と同一カードの決勝戦でいったん終了となる。
 県内の9チームが参戦。変則トーナメントとなり、決勝は昨年と同じ朝明―四日市工が対戦。それ以外は…………(続きは本紙で