オール松阪が全勝でV 若竹宮川、6年生連合ソフト大会開く

2021年2月15日(月) 20:11

210215-6年連合ソフトで優勝したオール松阪

優勝したオール松阪オーシャンズの皆さん

3日目1回戦、2本目のホームランを打つオール松阪オーシャンズ・田中君

3日目1回戦、2本目のホームランを打つオール松阪オーシャンズ・田中君

この写真を購入する →

写真No.2021215-11158-2

210215-6年連合ソフトで若竹宮川のプレー

ホームランを打ち、笑顔でホームに戻る若竹宮川・大西主将=いずれも下村町のパナソニックグラウンドで

この写真を購入する →

写真No.2021215-11158-3

LINEで送る

 多気郡の連合チーム・若竹宮川ベストバディ(門野恭行監督)が主催する第4回6年生連合ソフトボール大会が11日まで、松阪市下村町のパナソニックグラウンドなどであり、県内各地域の選抜チームが優勝を争い、熱戦を繰り広げた。大会はオール松阪オーシャンズ(久世文和監督)が全勝優勝した。

 多気郡、松阪、名張、鈴鹿、県内女子などの選抜チーム9チームが出場。3日間の日程で各チーム計6試合を行い、通算成績で優勝を決めた。松阪地区からは若竹宮川と、オール松阪オーシャンズとオール松阪オーシャンズドリーム(高本清人監督)の2チーム、女子選抜に選ばれた選手たちが出場した。
 11日第1試合では…………(続きは本紙で