三重(女子)3年ぶり東海V 高校選抜ソフトテニス 男子は準優勝、共に全国へ

2021年1月26日(火) 20:31

210126東海ソフトテニス‗女子団体優勝

東海優勝の女子三重の皆さん。(前列右から)澤井選手、川上日菜選手、原田選手、大友選手(後列同)廣瀬選手、馬渕選手、松岡選手、黒田選手

210126東海ソフトテニス_男子団体準優勝

準優勝の男子三重の皆さん。(前列右から)仲川選手、近藤選手、清水選手、松本選手(後列同)出口選手、前川選手、朝倉嵩貴選手、佐藤遥斗選手

210126東海ソフトテニス‗女子個人優勝

女子個人で優勝の澤井選手(右)・浪岡選手組=いずれも愛知県豊橋市の市総合体育館で

LINEで送る

 

 第51回東海高校選抜ソフトテニス大会(東海高校連盟主催)がこのほど、愛知県豊橋市の市総合体育館であり、女子の三重(村田真紀乃監督)が3年ぶりに優勝した。また男子の三重(玉川裕司監督)も準優勝し、共に全国高校選抜大会(3月28~30日・名古屋市の日本ガイシホール)出場を決めた。また個人でも女子で澤井萌々子(1年)・浪岡成美(2年)組、男子で松本椿(1年)・前川瞬希(2年)組が優勝した。
 男女共、団体、個人戦を実施。団体戦は東海4県の上位2校が出場し、各県1位校による上位トーナメントと2位の下位トーナメントを、個人戦は各県上位8組がトーナメント戦を行った。団体の上位3校と、開催県の…………(
続きは本紙で