家族皆でクラブ振る 松阪ジュニアが親子大会 ゲートボール

2021年1月5日(火) 20:19

210105ふれあいゲートボール

大人と子供が入り交じって和気あいあいとプレーを楽しむ参加者たち=上川町で

この写真を購入する →

写真No.2021105-10826-1

LINEで送る

 松阪市の小中学生ゲートボールチーム・松阪ジュニア(渡邊安彦監督)は12月26日、上川町のゲートボール場で親子ふれあいゲートボール大会を初めて開き、チームのメンバーとその保護者たち約20人が、競技を通して親睦を深めた。
 同チームは月に1回程度、小中学生11人が、集まって練習し、大会にも出場している。年末に、日頃お世話になっている保護者たちへの感謝と、一緒に楽しみたいという思いを込めて、ふれあい大会を開いた。
 子供2チームと「お父さん」「お母さん」の計4チームで総当たり戦を行った。
 「惜しい」「ここおいな」など敵味方…………(続きは本紙で