ヴェルデラッソ初優勝 県中学新人大会 AGF杯チャンピオンシップ

2020年12月14日(月) 20:21

201212AGF杯ヴェルデプレー

決勝戦、攻勢を掛けるヴェルデラッソの選手たち

この写真を購入する →

写真No.20201214-10690-1

201214AGF杯ヴェルデ集合

優勝したヴェルデラッソの皆さん

この写真を購入する →

写真No.20201214-10690-2

201212AGF杯3位明和

3位に入った明和中の皆さん=いずれも鈴鹿市のAGF鈴鹿陸上競技場で

この写真を購入する →

写真No.20201214-10690-3

LINEで送る

 AGFカップ第32回県中学生新人サッカー大会チャンピオンシップ(県サッカー協会主催)が12日、鈴鹿市のAGF鈴鹿陸上競技場であり、ヴェルデラッソ松阪U─15(福井健太郎監督)が初優勝した。明和中学校(和田勇希監督)は3位入賞した。
 大会は11月以降、クラブ26、中学校72チームがクラブ、中学校の部に分かれて、予選リーグと決勝トーナメントを行ってきた。
 この日は両部でそれぞれ勝ち残った上位2校が、チャンピオンシップとしてトーナメント戦を行い、優勝を争った。松阪地区からはヴェルデラッソと明和中が勝ち残っていた。

 ヴェルデラッソは明和中との準決勝は1―0で勝利。後半26分にMF・伊豆蔵一惺主将(三雲中・2年)が、同・濱田然君(中部中・同)の右サイドから…………(続きは本紙で