井上君が大会新でV 陸上競技 全国小学生交流大会中学生記録会 澤井さんは県小学記録更新

2016年6月10日(金) 20:00

小学生陸上走り高飛びhp

走り高跳びで大会新記録の1メートル27で優勝を果たした井上君

この写真を購入する →

写真No.2016610-1046-1

小学生陸上走り幅跳びhp

走り幅跳びで自己新記録を出して優勝した松本君=いずれも伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢・補助競技場で

この写真を購入する →

写真No.2016610-1046-2

LINEで送る

 第32回全国小学生陸上競技交流大会第31回松阪市小学生陸上競技大会第19回多気郡小学生陸上競技大会兼中学生陸上競技記録会(松阪地区陸上競技協会主催)が5日、伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢・補助競技場であり、松阪市の男子5・6年走り高跳びで井上善太君(阿坂小・6年)が1メートル27の大会新記録で優勝。同女子5・6年800メートルでは澤井風月さん(中川小・同、URC)が2分26秒07で県小学生記録を更新して優勝した。
 
 小学生の大会は、松阪市の部、多気郡の部合わせて35種目を実施。それぞれ8位以内に入賞するか、9位以下でも各種目の規定記録を突破すると県大会(7月3日・伊勢市)の出場権を得る。
 松阪男子5・6年走り高跳びで、大会記録と同じ1メートル25センチを自己記録に持つ井上君は、90センチからスタート。「歩数を合わすのに苦戦した」と振り返るも、1回ずつ丁寧に挑んでいき、1メートル20まで1回でクリア。1メートル25も2回目で成功すると、勢いそのままに、1メートル27を1度でクリアし大会新記録を樹立し優勝を果たした。
 井上君は「おしりがバーに着かないように気を付けた。新記録を目指していたのでうれしかった。次は1メートル28を飛びたい」と話した。
 同走り幅跳びでは、3メートル55の記録を持つ松本充君(豊地小・6年、URC)が4メートル02の自己新記録で優勝。松本君は「初めは緊張した」と話すも、1回目を3メートル66、2回目3メートル77と徐々に記録を伸ばし、3回目で初の4メートル越えとなる4メートル02を出して同種目を制した。