中部大会で上位、全国へ 相可高ボート部

2020年11月6日(金) 20:13

201106相可高ボート部が全国へ

全国大会に出場する川竹君(左)、木下君(右)、宮本君=多気町相可の相可高トレーニングセンターで

この写真を購入する →

写真No.20201106-10388-1

LINEで送る

 多気郡多気町相可の県立相可高校(吉川秀明校長、600人)のボート部・川竹葉来選手(1年)が、第34回中部高校選抜競漕(きょうそう)大会兼第32回全国高校選抜競漕大会予選の男子シングルスカルで優勝、宮本大地選手(同)、木下雅功選手(2年)の2人も男子ダブルスカルで準優勝。いずれも全国選抜(来年3月26~28日、静岡県・天竜ボート場)出場が決まった。現在、全国制覇に向けてトレーニングを重ねている。
 ボート部は、大台町上三瀬にあった県立宮川高校と統合した2010(平成22)年に設立。現在は同町弥起井の町B&G海洋センターなどで練習している。
 大会は愛知県の…続きは本紙で