三重がベスト4進出 高校サッカー選手権県大会

2020年11月2日(月) 20:11

201102高校サッカー三重プレー

伊賀白鳳戦、2点目のゴールを決めた三重・松田選手(右)

この写真を購入する →

写真No.20201102-10356-1

201102高校サッカー松阪工の杉選手の同点弾

四日市工戦、同点のゴールを決める松阪工・杉選手(真ん中)=いずれも伊勢市の伊勢フットボールヴィレッジで

この写真を購入する →

写真No.20201102-10356-2

LINEで送る

 第99回全国高校サッカー選手権大会県大会(県サッカー協会など主催)の準々決勝が10月31日、伊勢市の伊勢フットボールヴィレッジであり、三重(德地俊彦監督)が伊賀白鳳に5―1で勝ち、準決勝に進出した。松阪工(小濱幹也監督)は四日市工に1―2で敗れた。

 三重は前半、相手に攻め込まれる時間が続いたが21分、MF・前田大空選手(3年)が、DF・橋爪凌哉選手(同)のコーナーキックを頭で合わせて先制した。
 その後は主導権…続きは本紙で