3年ぶり21回目優勝 三重 高校野球秋季県大会

2020年9月28日(月) 20:08

200928三重高・胴上げ

3年ぶりの優勝を決め、池田彪我主将を胴上げして喜ぶ三重の選手たち=伊勢市のダイムスタジアム伊勢で

この写真を購入する →

写真No.2020928-10070-1

200928三重プレー尾﨑投手

6回、無死満塁のピンチで救援し、無失点に抑えた三重・尾崎投手

この写真を購入する →

写真No.2020928-10070-2

200928松阪商・高山選手の本塁打

9回、反撃のソロ本塁打を放つ松阪商・高山投手

この写真を購入する →

写真No.2020928-10070-3

200928三重囲み近藤投手

復帰後初の公式戦で好投した近藤投手

この写真を購入する →

写真No.2020928-10070-4

200928松阪商・囲み北村主将

主砲として東海大会での活躍を誓う北村主将=いずれも伊勢市のダイムスタジアム伊勢で

この写真を購入する →

写真No.2020928-10070-5

LINEで送る

 第73回秋季東海地区高校野球県大会(県高野連主催)の決勝戦が26日午前11時35分から、伊勢市のダイムスタジアム伊勢であり、三重(沖田展男監督)が松阪商(北村祐斗監督)に3―1で勝った。三重は3年ぶり21回目の優勝。来春のセンバツ大会出場が懸かる東海大会(10月24日~、県内)に準々決勝から臨むことができるシード権を得た。
 両校は2010(平成22)年の三重―松阪以来、10年ぶり4回目の松阪地区同士による決勝戦を争った。
 東海大会には4県から上位……記事の続き、詳しい戦評などは本紙で