初の全国大会で特別賞 地域課題解決の高校生大会 飯南高 木の手帳開発・商品化に取り組み

2020年9月15日(火) 20:01

LINEで送る

 松阪市飯南町粥見の県立飯南高校應援團(おうえんだん)Circle(イノビオミツコリーダー、8人)が、8月23日に行われた「全国高校生SBP交流フェアSBPチャレンジアワード」決勝で、初出場で特別賞「藻谷賞」を受賞した。全国の高校生のビジネスの手法を取り入れた地域課題解決の取り組みを評価するもの。14日に同校全校集会で土方清裕校長から表彰状の伝達があった。
 さまざまな取り組みをする高校生同士が交流を深め、地域貢献を進化させることを目的に、商品や取り組みの完成度などを評価するもの。今年はオンラインで行われ22校が参加。8月1、2日に3グループに分けポスターセッションを行い、各グループ上位2校が決勝に当たるオーラルセッションに進んだ。
 應援團Circleは、2019(平成31)年……続きは本紙で

 

200915飯南高に特別賞

木の手帳と表彰状を手に喜ぶ(前列右から)イノビオリーダーと近藤副リーダーと部員たち=飯南町粥見の飯南高で