前年同月比4572万円の減 7月の医業収益 市民病院コロナ影響

2020年9月14日(月) 20:41

LINEで送る

 松阪市殿町の松阪市民病院の7月の医業収益は7億9718万6千円で、前年同月の8億4290万6千円と比べ4572万円少なかった。6月に続き回復傾向ではあるものの、4月以降4カ月連続で前年割れとなっている。延べ患者数は、外来で前年同月より1593人少なく、入院で1189人少なかった。同病院事務部は今後の新型コロナの状況にもよるが、単年度黒字は難しいとみている。
 医業収益は入院と外来その他収入を合わせたもの。コロナ感染を警戒して受診を控える患者が多かったことなどから、4月は前年同月比で1割、5月は同2割減少したが、6月は微減にとどまり、回復傾向が見られた。
 7月は、外来延べ患者数が1万1084人で、前年同月比で1593人減だったが、今年……続きは本紙で

 

200914市民病院

4か月連続前年対比割れとなっている松阪市民病院=殿町で