サギ70羽が集団生活 嬉野堀之内町の中村川 10年前から夏の風物詩

2020年9月7日(月) 20:25

LINEで送る

 松阪市嬉野堀之内町の市立豊地小学校沿いの中村川に、70羽ほどのチュウサギのコロニー(集団営巣地)ができている。堤防の歩行者専用道路で、ウオーキングする人たちが足を止めてサギの群れを鑑賞している。
 チュウサギは平均体長が68㌢のシロサギ。4月ごろ朝鮮半島や東南アジアからやってくる渡り鳥で、水辺の林などに「サギ山」と呼ばれるコロニーをつくり、一夫一妻で子育てする。親と同じ大きさに成長した子供と一緒に10月初旬には帰っていく。
 コロニーがあるのは伊勢自動車道と中村川が交差する付近で周辺は広大な田畑が広がる。地元の人の話によると、10年ほど前から飛来。車の騒音は気になら……続きは本紙で

 

200907サギ70羽が集団生活

中州でくつろぐチュウサギの群れ=嬉野堀之内町付近の中村川で