「しっかり遅れ取り戻すぞ」市内の小中学校で授業続く 通常なら夏休み

2020年7月21日(火) 20:52

LINEで送る

200721通常なら夏休みだけど…

6年生のクラスではテストに向けた学習などが行われた=曽原町の天白小で

 新型コロナウイルスの感染防止対策に伴い年度初めから続いた学校休校の影響で、本来は夏休み(夏期休業期間)初日になるはずだった21日、松阪市の市立小中学校では通常通りの授業が行われた。子供たちは教室で冷房を使いながら定期的な換気も図って勉強。夏休みが短くなったことを残念がる声がある一方、しっかり遅れを取り戻したいという声も聞かれた。

 本来の夏休みは7月21日から8月31日までだったが、年度初めから5月15日まで続いた休校の影響で授業時間数を確保しなければならなくなり、期間を短縮。松阪市の小中学校は県内で唯一学校ごとの裁量で期間を決めることになり、短い学校は14日間、長い学校は19日間となっている。
 大規模校の一つ、曽原町の……続きは本紙で