「第二波、食い止めて」 地蔵7体に手製マスク

2020年7月20日(月) 20:12

LINEで送る

200720地蔵にマスク

手作りマスクを付けた地蔵像と長井さん=庄町の墓地で

 新型コロナウイルス感染者の全国的な増加で感染の第二波襲来が懸念される中、松阪市庄町の主婦・長井瑠璃子さん(85)は自宅近くにある地蔵像7体に手作りマスクを掛けて沈静化と終息を願っている。
 長井さんは趣味で50年以上裁縫を続け、洋服や着物などを多く仕立ててきた。新型コロナウイルス流行後はその腕を生かし、品不足になったマスクを50枚以上手作りして配り、喜ばれたという。
 同町の墓地には六地蔵と阿弥陀地蔵の計7体がある。長井さんは約10年前に帽子と前掛けを作っていた人の後を継いで地蔵像を管理しており、そのおかげか、急性心筋梗塞になったり、背骨を骨折したりしても……続きは本紙で