一念発起し准看護師目指す 共に65歳超えの西口さんと朝田さん

2020年7月17日(金) 20:52

LINEで送る

200717目指せ准看護師

一緒に准看護師の資格取得を目指す西口さん(左)と朝田さん=外五曲町で

 65歳を超えた松阪市内の女性で介護福祉士の2人が准看護師の資格取得を目指して勉強に励んでいる。久保町の西口ちづ子さん(65)と庄町の朝田和子さん(68)で、介護福祉施設で働くなどしてるうちに、さらに医療の専門知識を身に付けて役に立ちたいと一念発起した。県内の准看護学校の社会人推薦制度を利用して受験する予定で「挑戦するには今しかない」と意気込んでいる。

 

 西口さんは高校を卒業後、会社員を経て21歳で結婚した。お年寄りに喜んでもらうことが何よりも大好きで、近所の人の病院の付き添いや手作りのおかずのお裾分けなどの世話をしていた。あるとき、家庭介護のチラシがポストに入っており、「これはチャンス」と講習を受講。さらに勉学に励み、40歳前半で松阪市内の病院に就職。看護師になりたいという思いを強くしていった。
 一方、朝田さんは、短大卒業後、東京の……続きは本紙で