「伏し拝みの松」紙芝居に 揥水地区 「地域の歴史知って」と披露

2020年7月15日(水) 20:12

LINEで送る

200715揥水の紙芝居

できたばかりの紙芝居を披露した上田さん(中)、池田さん(右)、今西事務局長(左)と紙芝居を楽しみに集まった住民たち=清水町の清水公民館で

 松阪市揥水まちづくり協議会(間瀬善樹会長)は同地区の清水町に伝わる民話「伏し拝みの松」の紙芝居を手作りした。地域の人たちに地元の歴史を知ってもらい、より誇りを持ってもらおうという試みで、15日午前10時から同町の清水公民館で初披露して住民たちを喜ばせた。

 同会は5年前、地区名の「揥水」の名付け親で江戸時代の儒学者・奥田三角(1703~1783)を紹介する紙芝居を作成。市立揥水小学校や地域行事で発表し、好評を博していた。
 今回はその第2弾で、伊勢古道……続きは本紙で