茶葉や自然をデザイン 3中高生徒が思いを込めて 「飯南」「飯高」タオルが完成

2020年7月11日(土) 20:30

LINEで送る

200711飯南・飯高タオルが完成

3校生徒の思いが詰まったタオルを完成させた飯南高と飯南・飯高中の生徒らと竹上市長=飯南町粥見の飯南地域振興局で

 松阪市飯南町粥見の県立飯南高校(土方清裕校長、235人)と、連携中学校の飯南・飯高両中学校の生徒らが、「飯南」「飯高」のロゴ入りタオルを作り、10日午後4時に同町の市飯南地域振興局で、竹上真人市長に贈呈した。昨年に続く第2弾で、両地域の豊かな自然とつながりをイメージしており、地域の魅力のアピールに生かす。
 連携型中高一貫教育を行う3校は、地域活性化に共に取り組むことで課題解決能力や社会で活躍する力を育もうと、2018(平成30)年10月から同町の道の駅茶倉と飯高町宮前の道の駅飯高駅のイベントで中高生の店「チャレンジ&ドリーム」を出店している。その一環で、昨年は学校のTシャツの「飯南(いきるちから)」「飯高(つながるこころ)」の両方のロゴを使い松阪木綿をイメージした「つながるちからタオル」を作った。
 第2弾は昨年11月に取り掛か……続きは本紙で