大台町のお茶おいしい! 手作りで色、味、香りに感激 川添小の3、4年生

2020年7月4日(土) 20:14

LINEで送る

200704大台町でお茶授業

小笠原さん(奥)に教わりお茶を作る(左から)中井さん、遠藤君、中出君=大台町上楠の町立川添小学校で

 多気郡大台町上楠の町立川添小学校(竹上和眞校長、39人)の複式学級の3、4年生17人は3日午後1時から、茶葉からペットボトルのお茶を作り、町の特産品のお茶について学んだ。
 お酒やアユなど町の特産品についての学習の一環で、お茶について体験を通じて学ぼうと10年以上前から行われている。
 この日は、3、4人ごとの5班に分かれ、県農業技術茶業センター嘱託職員の小笠原一城さん(75)=高奈=から教わった。
 まず、お茶の栄養や効果について話を聞いた後、お茶作りに。町内で作られている「みえうえじま」という品種の………(続きは本紙で