「手軽に検温して」と贈る 櫛田自治連が非接触型体温計 揥水幼・小、東部中に計14個

2020年7月4日(土) 20:37

LINEで送る

200704櫛田自治会が揥水小などに体温計贈る

自治連から体温計を受け取る各校長たち=豊原町の櫛田地区市民センターで

 松阪市櫛田地区自治会連合会(西村洋会長)は日午前10時、豊原町の櫛田地区市民センターで、新型コロナウイルス感染症対策をしながら学校生活を送る子供たちのため、市立揥水幼稚園(坪内弘明園長、36人)と同揥水小学校(服部茂樹校長、200人)、同東部中学校(松本賀美校長、237人)の施設に、非接触型体温計、14個(21万円相当)を贈った。

 同会として何かできることはないかと学校に相談し、自治会長の了承を得て、必要とされている体温計を寄贈することにした。同小にクラスごとの個と、幼稚園、中学校にも個ずつを渡した。

 うち小学校は毎日各家庭で熱を計り、検温カードを提出することになっているが、忘れて来た人には接触型の体温計を消毒しながら使っている。新しい体温計で

……続きは本紙で