前に立てば体温〝見える〟 明和町が試験運用 役場の入り口に設置中

2020年6月11日(木) 20:12

LINEで送る

200611明和町役場入り口に検温システム

前に立つだけで体温が示されるサーモグラフィー映像と体温が表示されたモニター=明和町役場で

 多気郡明和町は、新型コロナウイルスをはじめとした感染症対策の一環で、体温を熱検知で非接触で測定して大型モニターに表示する検温アラームシステム導入に向け、10日から町役場で試行導入している。効果が確認できれば、16日開会の町議会定例会に予算案を上程する。
 体温を瞬時に測定し、映像やサーモグラフィー画像と共に43㌅のモニターに表示する。誤差は0・1度以内。異常発熱を確認するとアラームと光で知らせる。平時はモニターに広告を表示したり、町の広報動画を流したりもできる。定価は税抜き130万円。
 町まちづくり戦略課の職員がテレビで見て製造会社に問い合わせ、試行の上、本格導入を検討……続きは本紙で