感染対策しながら学校生活を楽しく 月、水、金は あいさつ運動 第一小

2020年6月11日(木) 20:37

LINEで送る

200611第一小がコロナ対策しながら学校楽しく

昇降口に並んで登校してくる児童たちにあいさつする児童会の役員たち=殿町の第一小で

 松阪市殿町の市立第一小学校(坂下かがり校長、167人)の児童会役員の6人は、新型コロナウイルス感染症対策をしながら学校生活を楽しく送れるようにと、手作りのポスターを校内に掲示。また月、水、金曜日の登校時には昇降口に立ってあいさつ運動を行い、学校を盛り上げている。
 ポスターは5年生の教諭が、新型コロナによる臨時休校などを受けて、児童会の仕事が無かったことから「みんなが一目で分かるようなことをしよう」と制作に乗り出した。
 休校中に5年生の児童会メンバーの3人が2、3枚ずつ描き、計7枚を仕上げた。デザインやメッセージは3人がそれぞれで考えたという。四つ切りの……続きは本紙で