体育でヨガを本職が指導 激し過ぎず密接せず室内でできる運動考え 明星小6年が導入

2020年6月9日(火) 20:01

LINEで送る

200609明星小でヨガ授業

舞台上の山中さんの動きに倣い、体幹を鍛えるトレーニングを行う児童ら=明星の明星小で

 多気郡明和町明星の町立明星小学校(千原吉浩校長、242人)では、6年生の体育の授業でヨガを取り入れたトレーニング「ヨガトレ」を始めた。新型コロナウイルス感染予防のため激しい運動や密接する運動ができない上、屋外は暑くなってきたことから、体育館でできるゆったりした動きで体幹が鍛えられるものをと考えた。8日午後1時45分から、プロの講師に指導に来てもらった。
 ヨガトレは、ヨガを取り入れた機能改善のためのトレーニングやストレッチ。講師は松阪市下村町のヨガなどの資格を持つトータルビューティーコーディネーター・山中雅代さん(48)。多気町五桂の五桂池ふるさと村などで教室を開いている。
 6年担任の岡村里香教諭によると、ヨガトレはカリキュラムには無く、体育の授業では通常は教えない。本年度は感染症の影響で、文部科学省からソーシャルディスタンスを取り、息が上がる運動や共用の物を使う運動は避けるなどの通知が来ているが、運動場では暑い時季になってきたことから取り入れることにした。今月から始めた。
 この日は……続きは本紙で