和の外観で中は松阪産材 小野江公民館 年度内完成へ

2020年6月8日(月) 20:03

LINEで送る

200608小野江公民館

武四郎記念館などを意識して和のイメージで建設される小野江公民館の完成予想図

 松阪市小野江町の松浦武四郎記念館と同じ建物に入っていた小野江公民館の単独館建設は、今年度の完成を目指して実施設計などが終わった。和をイメージした外観で、広い研修室や、武四郎記念館と同じ建物のためこれまでは設けられなかった調理室も備えている。
 三雲地区は、小野江以外の米ノ庄、天白、鵲の3地区には全て単独の公民館がある。小野江地区では公民館に代わる施設として1994(平成6)年7月に松浦武四郎記念館と同じ建物内に小野江コミュニティセンターが開設されたが、記念館は重要文化財を所蔵することから、文化財保護の観点で火を使う料理ができないなどの制約があった。
 地元や三雲地区は、武四郎の……続きは本紙で