畑で運動、リアルかかし  加藤さん親戚たちと制作

2020年5月22日(金) 20:12

LINEで送る

200522かかし作った皆さん

かかしを作った加藤さん(左から2人目)たち

 松阪市伊勢寺町の主婦・加藤洋子さん(65)の畑に、スポーツなどをしているかかし12体が並べられている。人間そっくりのリアルさで、「まさに動いているように見える」と評判で、通行人たちが写真を撮影したりして楽しんでいる。
 
 加藤さんが、いとこの娘に当たる今井美栄子さん(48)=大台町新田=に「毎年普通のかかし2、3体を1人で作って設置して大変」と相談したのがきっかけ。「面白そう。作ってみたかった」などの反応があり、今井さんが、友人の会社員・山中三喜也さん(51)=松阪市高須町=も巻き込んで、制作し始めた。
 かかしは、頭部は美容室の知り合いから譲ってもらった練習用のマネキン、骨組みは、廃材となったビニールハウスの曲がった鉄パイプで作り、ペットボトルやビニールシートなどで肉付けし、古着を着せた。
 今月1日から、3人を中心に、他の……続きは本紙で

 

200522かかし2

ボウリングをするかかし(手前)と野球をするかかし=いずれも伊勢寺町の加藤さんの畑で