学校に久しぶりの歓声 松阪市内34日ぶりに小中登校

2020年5月18日(月) 20:32

LINEで送る

200518小中学校で授業再開

小筆校長(右端)が見守る中、マスク姿で元気に登校する児童たち=西之庄町で

 新型コロナウイルス感染防止対策で三重県が政府の緊急事態宣言の対象から外れたことを受けて18日、休校になっていた公立小中学校の授業が再開された。松阪市でも小学校36校8429人、中学校11校3888人の授業を再開。児童生徒たちが元気に登校し、学校に活気が戻ったが、一クラスの人数を20人までに抑える分散登校とし、教室も常に換気、手の消毒を行い、机の間隔を取るなど、感染防止対策を徹底した厳戒態勢での再開となった。(7面に関連)

 西之庄町の市立第三小学校(小筆邦昭校長、239人)でも児童たちが元気に登校した。休校期間中は担任が学習プリントを用意。一週間に一回ほど家庭訪問を行い、児童がしたプリントを回収し、次の課題を……続きは本紙で