大塚―大平尾間31日開通 アクセス道  R23と松阪IC一気に

2020年5月16日(土) 20:26

LINEで送る

200516大塚-大平尾間が31日開通

現在は手前200㍍だけが開通。今月末には国道23号までつながる=大塚町交差点で

 松阪市大塚町の国道166号大塚町交差点から大平尾町の国道23号までの約1・4㌔を結ぶ県道六軒鎌田線バイパスが、31日午後1時に開通する。伊勢自動車道松阪インターチェンジ(IC)から国道23号まで一気に行けるようになり、県松阪建設事務所によると、松阪市街の渋滞緩和や、津松阪港と松阪ICの利活用促進による地域の活性化が期待されるという。1995(平成7)年の事業開始から、25年の歳月と総事業費36億5千万円を掛けた。

 暫定2車線で開通し、車道幅は片側3・25㍍で、両側に幅3・5㍍の歩道がある。市立港小学校の通学路となる大平尾町の大平尾歩道橋には、同小児童が書いた橋名板を付けた。
 95年に事業着手し、99(同11)年に着工。国道166号(旧42号)側の約200㍍は既に……続きは本紙で