見事スカイツリーと名古屋テレビ塔 「軽い気持ちで」山口さん作る 柚原町のスーパーに寄贈

2020年5月14日(木) 20:27

LINEで送る

200514スカイツリーなど作り寄贈

角棒で作った東京スカイツリーと名古屋テレビ塔を持つ山口さん=柚原町の「コミュニティーうきさと・みんなの店」で

 松阪市柚原町の元大工・山口義信さん(71)は、5㍉角の細い棒を使って、東京スカイツリーと名古屋テレビ塔を作り、このほど、同町自治会(千賀博文自治会長)が運営するスーパー「コミュニティーうきさと・みんなの店」に寄贈した。店内に展示され、来店する客らの話題になっている。
 山口さんは愛媛県生まれ。15歳から3年間、左官として名古屋市で働いた後、大工になり、30年間従事した。妹夫婦のいる柚原町へは5年前に引っ越してきた。
 元大工の腕を生かし、「ちょっとやってみようかな」という軽い気持ちで制作を始めた。ホームセンターで材料を調達し、図面も引かず……続きは本紙で