2カ月ぶり再会に話弾む 公民館の貸し館が再開 写真サークルが例会開く

2020年5月12日(火) 20:33

LINEで送る

200512公民館再開でサークルも

コロナビールを見せる梅川代表(真ん中)と楽しそうな会員ら=殿町の幸公民館で

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館していた松阪市内の公民館が11日から再開された。活動自粛継続の公民館サークルも多いが、殿町の幸公民館では同日夜、写真サークル松阪銀鈴会(梅川紀彦代表、10人)が例会を開き、2カ月ぶりの再会を喜び合った。
 再開できるのは、大声での発声や近距離での会話が想定されず密集しない活動に限られる。
 この日午後7時、幸公民館に同会会員5人が集まった。月1回の例会に作品を持ち寄り、新町の写真家・梅川代表(76)が講評して順位を決めるが、4月は開けなかった。
 会員らはその間自宅や近場で撮影……続きは本紙で