森上さん功績に感謝状 多気町 自由研究テーマに薬草

2020年4月8日(水) 20:38

LINEで送る

200408薬草研究に多気町が感謝状

久保町長(右)から感謝状を受け取った森上さん(真ん中)=多気町波多瀬の元丈の館で

 多気郡多気町は、波多瀬の元丈の館(上田宏美館長)で、小学4年生から6年生の夏休みの自由研究で野草を取り上げた松阪市辻原町の私立三重中学校1年・森上綺羅さんを、内容が素晴らしく薬草の活用につなげられるとして、功績をたたえ、薬草ライフアンバサダーに任命し、感謝状を贈った。町がこうした趣旨で感謝状を贈るのは初めて。

 森上さんは、松阪市矢津町の市立大河内小学校の4~6年生の3年間にわたり、自由研究で薬草をテーマにした。「ヨモギ以外にも食べられるものがあるのでは」と考えたのがきっかけで、4年生で食べられる雑草17種の調理方法と食べた感想をまとめた。5年生ではカラムシから繊維が取れるかを研究し、6年生では生薬の効能と煎じて……続きは本紙で