「飯南高」ブランドイメージ向上狙い 2年生6人がゆるキャラ作る

2020年3月25日(水) 20:05

LINEで送る

200325飯南高のゆるキャラ

制作した学校のキャラクターを披露する商業科マーケティング選択の2年生たち=飯南町粥見の飯南高で

 松阪市飯南町粥見の県立飯南高校(土方清裕校長)の2年生の生徒6人が同校のキャラクターを制作した。地域貢献に力を入れる同校のブランドイメージを高めるのが狙いで、初めての試み。生徒たちはキャラクターの缶バッジ、クリアファイルなどグッズ制作やゼミナールでの啓発など、活用の戦略を練っている。
 制作したのは選択科目で商業科のマーケティングを選択する2年生の有木勇翔君、田畑星奈さん、加藤美輝さん、辻岡大志君、本田実優さん、吉岡怜司君。昨年4月の授業で同校をもっと盛り上げる策を話し合った。「地域を盛り上げるご当地キャラみたいにゆるキャラを作ってみては」と……続きは本紙で