アットホームな雰囲気で 機殿小で卒業式 規模縮小で多目的室使う

2020年3月18日(水) 20:38

LINEで送る

200318機殿小で卒業式

多目的ルームを使って、アットホームな雰囲気で行われた式で卒業証書を受け取る児童=六根町の機殿小で

 松阪市立の小学校26校で18日、一斉に卒業式が行われた。同市六根町の市立機殿小学校(木野本和之校長、49人)では8人が巣立った。新型コロナウイルス感染症対策で休校中とあって体育館で行ってきた例年とは違い、多目的ルームで簡素に時間短縮で行われたが、卒業生たちは「式をしてもらえてよかった」と喜んでいた。19日も9校(1校は17日に実施)で卒業式が行われる。
 式会場の多目的ルームの飾り付けは教員が行い、式に在校生は出席せず、卒業生とその保護者と教職員のみで行った。休校中で予行練習ができなかったため、開始1時間前に練習を行い、その間、保護者は卒業生の一年間の活動の様子をまとめたスライドショーを見た。
 式では、卒業生と保護者が対面する形で着席し、名前を呼ばれた児童一人一人が……続きは本紙で