休校受け古民家で〝開校〟 勉強、探検、基地作り 臨時にフリースクール

2020年3月17日(火) 20:30

LINEで送る

200317嬉野で臨時フリースクール

小川さん(左から2人目)のフリースクールで廃材などを使って秘密基地作りを楽しむ子供たち=嬉野上小川町で

 松阪市嬉野上小川町の便利屋兼大工業の小川崇之さん(39)は新型コロナウイルス感染症対策として市内の小中学校が臨時休校になっていることから、子供たちを集めた「臨時フリースクール」を同町の古民家を拠点に開いている。今月の開校日は今のところ、19、24、25日で参加者を募っている。
 小川さんはドイツ生まれで、3歳の時、日本に移住。立教大学文学部卒で小学校の教員免許を取得した。32歳のとき松阪市にやってきて、月に1回、フリースクール「うきさと遊学舎」を開き、竹馬作りや屋外で体を動かして遊ぶ時間を指導している。
 今回開催する臨時フリースクールの内容は座学と屋外体験。座学は自習が基本スタイルで小川さんが個別に指導する。屋外体験は秘密基地作りや森の探検、昆虫探し、畑遊びなど。
 集合場所は近鉄伊勢中川駅(嬉野中川新町一丁目の)で……続きは本紙で