新型コロナ沈静化祈願 阿含宗と合同で営む 神社本庁の要請受け松阪神社

2020年3月16日(月) 20:03

LINEで送る

200316松阪神社でコロナ鎮静祈願

新型コロナウイルス感染症鎮静化祈願祭で祭壇に向かう波多瀬宮司=殿町の松阪神社で

 松阪市殿町の松阪神社(波多瀬秀之宮司)で15日午後2時から、猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の鎮静化祈願祭が営まれた。仏教教団・阿含宗との宗教の枠を超えての合同開催。
 阿含宗は一昨年から県内29市町の主たる神社で同地の安寧と繁栄、祖霊供養などを祈願する護摩を奉納してきた。特に最近は新型コロナウイルス感染症の退散を願う法要を追加して営んでいる。
 同神社では神社本庁から病魔退散祈願をするよう要請があり、波多瀬宮司が県内各地の神社で同趣旨の……続きは本紙で