新型特急「かっこいい」 近鉄「ひのとり」運行開始 鉄道ファンが市内で撮影

2020年3月14日(土) 20:23

LINEで送る

200314新型特急「かっこいい」

ひのとりにカメラを向ける昂大君(手前)ら鉄道ファンたち=嬉野黒田町の中村川堤防で

 近畿日本鉄道(大阪市)は14日のダイヤ改正に合わせて、新型の名阪特急「ひのとり」の運行を開始。松阪市内でもその姿を写真に収めようと嬉野黒田町の中村川の堤防に鉄道ファンたちが集まりシャッターを切った。
 ひのとりは、車体色は深いメタリックレッドで、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名された。レギュラーシートと、ゆったり座れるプレミアムシートがあり、後ろの人に気兼ねなくシートを最大まで倒せる「バックシェル」を日本で初めて全席に採用した。毎日、近鉄名古屋、大阪難波からそれぞれ6本ずつ運行する。
 この日、伊勢中川駅を通らず名阪間を行き来できる「中川短絡線」を通る列車を……続きは本紙で