「馬鹿曲橋、再び復元を」 老朽化激しく通行止め2年 熊野古道の名残

2020年3月2日(月) 20:12

LINEで送る

200302馬鹿曲橋

2年前からバリケードで封鎖したまま朽ちるに任せる状態の馬鹿曲橋=多気町神瀬で

 多気郡多気町神瀬の不動谷にある木橋「馬鹿曲(ばかまがり)橋」は、かつての熊野街道の橋を復元しようという地元・神瀬区の熱意で2010(平成22)年に架けられたものだが、その橋が老朽化のため渡れなくなり、今にも落ちそうになっている。熊野古道の保全に努める地元有志たちは、このままでは遠方から来てくれるファンをがっかりさせると、もう一度橋を架け直したい思いを募らせている。

 不動谷は宮川にせり出す山々で形成される深い谷で、ここを通る熊野古道に馬鹿曲橋が架けられていた。入り組んだ谷伝いに「ばかみたいに大回り」しなければならなかったというのが「馬鹿曲」の名の由来。
 往事の馬鹿曲橋は……続きは本紙で