一緒に育てた米味わう 明星小5年が地元地域おこしグループ招く 農業体験指導への感謝込め

2020年2月7日(金) 20:00

LINEで送る

200207明星小でライスパーティー

自分たちで育てた米で作った手作りのおにぎりを頰張る児童とむらおこし・みょうじょうのメンバー=明和町明星の明星小で

 多気郡明和町明星の町立明星小学校(千原浩校長、266人)の5年生35人は6日午前10時40分から同校で地域おこしグループのむらおこし・みょうじょう(下村幸一代表)のメンバーたち約15人を招き、一緒に育てた米を味わうライスパーティーを開いた。
 5年生は総合学習の一環で、毎年学校近くの田んぼで米作りを行っている。同グループのメンバーたちが種まきや田植え、稲刈りなどを児童たちに指導し、年に6回ほど作業体験をして米作りについて学習している。今回は65㌔の玄米を収穫した。指導してくれたことに感謝の気持ちを伝えるためにパーティーを開催した。
 この日、児童たちがリコーダー演奏と合唱を披露して歓迎し……続きは本紙で