一緒にイベントを茶倉駅で 飯南・飯高の中・高生たち バレンタインにちなみ

2020年2月4日(火) 20:28

LINEで送る

200204飯南・飯高の中高がコラボ

コラボイベントについて輪になって話し合う生徒たち=飯南町粥見の飯南高で

 松阪市飯南町粥見の県立飯南高校(土方清裕校長)の應援團(おうえんだん)サークルとボランティア部、市立飯南、飯高両中学校生徒会は16日午前10時から、飯南町粥見の道の駅・茶倉駅で、バレンタインデーに合わせたコラボイベントを計画。3日午後4時半からは飯南高で、県内の大学生たちと運営する大学発ベンチャー企業㈱鈴りん探偵舎(高見啓一代表取締役)から指導を受け、イベントについて考える会議を開いた。
 飯南高應援團サークルなどは地域のイベントで、地元産の木を使った手帳を制作販売するなどして、校外で地域活性化活動を積極的に行っている。
 鈴りん探偵舎は学生の柔軟な発想を生かしたコンサルティングを業務とする大学発ベンチャー。昨年5月に同校や市、同社、鈴鹿大学など4者で地域資源……続きは本紙で