大切な人の死がテーマ 劇団ドラマシティ 2日に花岡公民館で2回公演

2020年1月31日(金) 20:15

LINEで送る

200131ドラマシティ

本番を目前に控え、稽古に励む団員たち=桂瀬町の集会場で

 松阪地区の劇団愛好家でつくる「劇団松阪ドラマシティ」(奥村茂代表11人)は2月2日午前11時からと午後2時からの2回、松阪市大黒田町の花岡公民館で、創作劇「死神にありがとう」を上演する。死神が死期を迎えた人の元へ行くが姿が見えてしまい、周囲の人と関わりを持つストーリー。死を目前にした人と人との関わり方を考える内容になっている。
 同劇団は、2003(平成15)年に市制70周年記念事業の一環で発足。毎年オリジナル作品を自主公演している。
 今回の脚本の原案は小川春さん(66)=岡山町=で、元団員の天野亜矢さん(46)=五反田町=が演出を担当した。
 がんの疑いがある母親の反対を押し切って、おでん屋を……続きは本紙で