自作の茶で日々元気 明和町の吉田さん 車庫端で桑など栽培

2020年1月23日(木) 20:09

LINEで送る

200123自作の茶で日々元気

健康茶を自作して飲んでいる吉田さん=明和町竹川の自宅で

 糖尿病、がんを予防しようと多気郡明和町竹川の不動産業・吉田實さん(60)は自宅の車庫の端で、桑の木やテンダイウヤクなどを栽培し、収穫した葉を蒸し器で製茶加工して毎日飲んでいる。「始めてから、頭痛、腰痛、目まいなどがなくなった」と言い、元気に日々を過ごしている。
 きっかけは、2011(平成23)年に当時50歳だった弟が肝臓がんで亡くなったこと。健康について意識するようになり、漢方薬などに関心を持った。以前から車庫の端には、中国から伝わったクスノキ科の低木で根が健胃薬になるというテンダイウヤクが生えていたことから「お茶を作ってみよう」と思い立った。
 現在、車庫の端では4種類17本を……続きは本紙で