集大成の卒業制作など作品展示 昴学園高の美術工芸系列

2020年1月16日(木) 20:01

LINEで送る

200116昴の展示

美術工芸系列3年生と集大成作品=大台町佐原の道の駅「奥伊勢おおだい」2階で

 多気郡大台町茂原の県立昴学園高校(井上珠美校長)の美術工芸系列3年生11人と2年生6人は、同校と佐原の道の駅「奥伊勢おおだい」2階で美術工芸系列展を開いている。19日までで閲覧自由。
 同展は毎年この時期に開いており、前年4月から12月の間に2、3年生が授業で制作した作品を同校事務室前へ、3年生の卒業制作作品を同道の駅へ展示しているもの。2年生は初めての大きな展示、3年生は2年間の学びや伝えたいことを表現する集大成となる。
 道の駅会場には、平面8点と立体3点の作品が並ぶ。生物の観察が好きな福永莉々さんは、のりと水、アクリルガッシュを……続きは本紙で