「責任ある大人へ努力」 新成人のつどい 代表の川北さんら決意

2020年1月14日(火) 20:24

LINEで送る

200114新成人のつどい

二十歳の誓いを述べる新成人代表の川北委員長(右)と白塚副委員長=川井町のクラギ文化ホールで

 「松阪市新成人のつどい」が12日午前10時から、川井町のクラギ文化ホール(松阪市民文化会館)であり、新成人1311人が出席し、社会人としての自覚と責任をかみしめた。
 市と市教育委員会、同実行委員会(川北道也委員長、30人)の主催。テーマは「明日はもっといい日になる〜令和最初の成人式〜」。夢や目標に向かって挑戦し続けていきたい気持ちを込めた。
 今年の対象者は1999(平成11)年4月2日〜2000年4月1日生まれの1584人(男性807人、女性777人)で、8割以上が出席した。
 主催者を代表して竹上真人市長は「すばらしい大人になってもらうために二つお願い事をします。世の中厳しいことばかりですが、どうか自分のことを……続きは本紙で