説明無く振興局駐車場に 三雲天白公民館跡 バスロータリー造る案が…

2020年1月9日(木) 20:24

LINEで送る

200109三雲地域振興局の駐車場

バスのロータリーでなく三雲地域振興局の駐車場になっていた三雲天白公民館跡地=曽原町で

 松阪市が、「案」の段階と断りながらも公の会議の場で説明していた曽原町の三雲天白公民館跡地をバス回転場(ロータリー)にする計画について、会議関係者に何の説明もしないまま計画から削除し、同町の三雲地域振興局の駐車場を整備していたことが8日分かった。同日にあったこの会議で、行政の説明責任を問う声が出た。市担当者は手続きの不備について反省を述べた上で、市の総合的な判断だったと釈明した。

 

 この会議は、地域の実情に応じた運送形態などについて協議する市地域公共交通協議会(会長=加藤博和名古屋大学環境学研究科教授、21人)。
 問題は市が昨年3月、協議会に提示した第二市地域公共交通網形成計画案の中で、三雲天白公民館を三雲地域振興局に移転後、2021(令和3)年4月に跡地をコミュニティバスのロータリーにするとしたことが発端。協議会は案を了承し、18(平成30)年度に正式な計画が策定された。
 ところがこの計画からロータリー整備の部分が無くなり、跡地は……続きは本紙で