「恵比須講」道具など123点 旧長谷川治郎兵衛家 「信仰と年中行事」企画展

2020年1月7日(火) 20:06

LINEで送る

200107長谷川家の展示

年中行事に使った道具を紹介する企画展=魚町の旧長谷川治郎兵衛家で

 松阪市魚町の旧長谷川治郎兵衛家(松本吉弘館長)で現在、企画展「長谷川家の信仰と年中行事」を開いている。神仏の供養を熱心に行った様子がうかがえる展示で、商売繁盛を祈願して特定の日に祭った「恵比寿(えびす)講」などで使った道具や記録全76種、123点を展示する。3月15日まで。
 同家は、丹波屋を屋号とする松阪屈指の豪商・長谷川治郎兵衛家の本宅。1675(延宝3)年、3代治郎兵衛政幸を創業の祖とし、後に江戸の大伝馬町一丁目に5軒の出店を構える木綿商となる。2013(平成25)年から長谷川家から……続きは本紙で