まるで新調、児童喜ぶ 佐奈小の二宮金次郎像 多気町西谷さんが修繕

2019年12月17日(火) 20:17

LINEで送る

191217佐奈小の二宮像を修復

新調時のようにきれいになった二宮金次郎像と左から西谷さん、畑君、中村校長=多気町仁田の佐奈小学校で

 多気郡多気町仁田の会社役員・西谷満さん(76)はこのほど、町立佐奈小学校(中村真奈美校長、77人)の古びていた二宮金次郎の石像を直し、できたばかりのように白く美しくよみがえらせた。
 この像は1940(昭和15)年に西谷さんの親戚の人が寄贈したもので、プールの西側に立っている。西谷さんは、毎朝夫婦で佐那神社へお参りに行く道中、像の黒ずみや、ひびが入り中のれんがが見える土台など、79年たってみすぼらしく老朽化しているのが気になっていた。二宮金次郎が苦労して勉強し大成したことを子供たちに知ってもらいたい思いもあったが、今の教育方針が分からず、修繕を申し出て良いものかと迷いながら時がたっていたという。
 ところが、松阪市殿町の市立幸小学校の二宮金次郎像が……続きは本紙で