ふるさと納税が急増 明和町への寄付額13倍に 返礼品追加の米が大人気

2019年12月4日(水) 20:26

LINEで送る

191204明和町でふるさと納税が急増

寄付金を急増させた返礼品の米(明和町提供)

 多気郡明和町では、ふるさと応援寄付金制度(ふるさと納税)を利用した町への寄付額が、10月単月の実績が前年同月の13・3倍の1億1466万6千円になった。寄付件数は同33・3倍の7606件に激増。本年度の累計では11月12日時点のまとめで3億53万7千円に達し、その後も増え続け過去最高の年間寄付額だった2016(平成28)年度の3億585万5千円を超えたという。返礼品の米のバリエーションを増やしたことが増加の要因といい、補正予算を組み対応している。

 

 返礼品は、松阪肉や伊勢湾の海産物など約20業者の約100品。昨年度の寄付は3936件で1億4039万4千円。昨年10月は228件、861万4千円だった。
 急増したのは10月から。11月分の集計はまだだが、同月12日時点では7966件、1億2954万7千円と、件数、金額共に10月を上回っている。
 同町防災企画課によると、急増の要因は、10月から米の返礼品の協力業者を1社増やし、商品が3種類増えたこと。5㌔×3袋の小分けに……続きは本紙で