腎臓に優しい食生活を 多気町の土羽公民館で 三重大医学生4人が話す

2019年12月2日(月) 20:27

LINEで送る

191202土羽で三重大生が腎臓の話

地域の人たちの質問に答える学生ら=多気町土羽の土羽公民館で

 多気郡多気町健康福祉課と三重大学医学部は11月29日午後1時半から土羽の土羽公民館で、医学科2年生4人が考えた「腎臓にやさしい暮らし」の話を聞いた。地域の人たち約30人と同課職員2人が腎臓に役立つ話に耳を傾けた。
 同大学の「地域基盤型保健医療教育活動」の一環で地域の人の暮らし、歴史、身の上話など医療人類学的に調査し、翌年地域の人らに講義をするなどしてフィードバックしている。2年生125人が4、5人の班で各市町を訪ねており、土羽に来た4人は昨年9月に同公民館を訪れて聞き取った話と同課から提示された特定健診のデータなどを元にテーマを……続きは本紙で