「思い描く日本そのもの」 松阪市観光協会 留学生招きモニターツアー

2019年11月22日(金) 20:00

LINEで送る

191122観光協会が留学生招く

モニターツアーで巻きずし作りを体験する留学生たち=中町の前川料理教室で

 外国人観光客の誘致策として、松阪市観光協会は21日午前11時から三重大(津市)と四日市大(四日市市)の留学生9人を招いて豪商旧宅での茶道や松阪牛の料理の体験をしてもらい、アンケートを取る「モニターツアー」を開いた。留学生は「貴重な体験をした」、「松阪は思い描いていた日本そのもの」とすっかり、満足した様子だった。
 高等教育機関との連携で地域の人口減少防止や活性化を促す「高等教育コンソーシアムみえ」から提案を受けて開催。第一回目は2017(平成29)年に柚原町の「ジャンボ七草粥まつり」の見学ツアーを行い、効果的な情報発信などについて意見を聞いた。
 2回目の今回、招いたのは両大学のドイツ人3人、ネパール人4人、スリランカ人2人。留学生たちは……続きは本紙で